キャットフード 療法食と処方食

動物には個体差があって、生まれつき身体が弱い人もいるように、ネコにも生まれつき弱い個体もあります。ペットショップのネコは、ある程度選ばれているので極端に弱いネコはいないでしょうけど、家庭で繁殖した猫などには稀に身体の弱いものもいます。

そんな猫がもし自分の家の子になった場合、最近はより細かく年代別、種類別などに細かく分かれており、個体に合ったキャットフードが選びやすくなりました。
ただ、選べる種類が多くなった反面どんなキャットフードがいいか迷ってしまいますよね。身体の弱いネコや高齢の猫のために療法食のキャットフードもあります。

療法食は動物病院などで処方される処方食に近いのですが、処方食を食べないと困っている飼い主さんも多いみたいです。

療法食も種類が豊富ですが、ここで注意したいのは、それぞれの症状に合ったものを正しく選ぶということです。まずは獣医さんに相談してみたほうがいいとおもいます。

猫によってもいろんな症状があって、腎臓が悪いネコ、肝臓が悪いネコ、皮膚疾患のあるとかほんと人間と同じような感じです。まぁそこまできちんとケアできる時代になったということで、ネコの寿命が延びてきているのでしょうね

ちなみにネコの療法食はこんなのがあるんですね。
↓↓
>>キャットフード 療法食<<